たまおのブログ

たまおです。

知らない間に傷ついている

とても痛ましい事件や事故があったとき、悲しい気持ちになることがあります。それは当事者や当事者の周りの人に感情移入している場合もあるだろうし、何かこう、多くの人が感じる“喪失感”に、知らないうちに無意識にシンクロしてしまっているということもあるのだろうと思います。

 

いまはテレビやラジオだけでなく、ネットニュースやSNSであらゆる“声”が聞こえてきてしまう時代です。情報として目にしているだけだったとしても、誰かの悲しみを知り、怒りを知り、そういう声を浴びているうちに、気づかないところで自分まで傷ついてしまっている人も多いんじゃないかなという気がします。

 

身体と心はつながっているので、疲れた身体をほうっておくと気持ちもどんどんふさがってくるし、精神的にしんどくなってくると身体の調子もおかしくなってくる。だから少しでも沈みそうな気持ちに気づいたら、自分の好きなものに触れたり、それもできない場合にはいっそ目を閉じてそのまま寝ちゃうのもアリだと思います。

 

誰かのために何かをするには、何よりまず自分が、精神的にも肉体的にも健康であることがいちばん良いと思うので。