たまおのブログ

たまおです。

大人になるということ

大人になるということ、について考えました。

 

考え方はいろいろあると思いますが、私の中で思うひとつとして「自分の心の中のデータベースに蓄積されているデータ量が増える」というのがあります。

 

日々たくさんのことが起きますが、それは「こういうことがあった」「その時こう思った」と、経験や感情が“記憶”として脳や心の中の引き出しに仕舞われていくイメージが自分の中にあります。長く生きていれば当然そのデータ量は増えていくので、次になにか前と似たようなことが起きた時、どうすればベストな行動を取れるかが無意識のうちにわかる(あるいは解決のヒントに気づきやすくなる)ような気がします。

 

残念ながら、大人になっても痛みに慣れるわけではないし、何度体験してもキツいことはあります。それは出来事しかり、人付き合いしかり。でも、いくつも問題を解き続けていれば答えにたどり着くまでのスピードは多少は早くなるし、応用問題だって時間をかければ解ける可能性はあるし、とにかくその“問題”を経験したことは、必ず自分の糧になるはずだと思うんです。

 

以前の記事(「過去へのメッセージ - たまおのブログ」)で、こんなことを書きました。

 

落ち込んでると「誰も味方なんていないのかも」って思ったりすることもあるけれど、なにがあっても少なくとも自分だけは自分の味方で、そのときの自分がなんとか踏ん張ってくれたから未来の自分がいる。仮にさほどがんばらなくたって、変な話そのときただ生きていてくれたおかげでいまがある。そう思うと少しだけ楽になるような気がしています。

 

いまよりもっと若い頃は、落ち込むと視界が狭まるというか、つらいことにフォーカスしてしまってました。けれど、何度も失敗したり乗り越えたり諦めて回り道をしたりしていくうち、結局どの道を選んでもどうにかなるし、あとでいくらでも辻褄を合わせることはできるんだよなと気づきました。というか選んだ道が正解だったかどうか、いま自分が幸せかどうかというのは、他でもない自分自身が決めることでもあるから。

 

人生や目標においては「こうなる」というゴールさえ決めてしまえば、あとはだいたいなんとかなります。そして、その途中の道行きについてはあまり細かいことを予想しないほうが上手くいく気がします。すべては必ずベストな方向に向かっているので、何が起きたとしても、「ああ、今の自分はこの問題に向き合う時期なのだな」と思って、どーんと構えていれば大丈夫……というのも、私がこれまでに得たデータの中から出したひとつの「答え」です。なかなか、すぐには思い出せなくなることもありますが。

 

私は社会的にはもう逃げも隠れもできない「大人」ではありますが、それでもまだ、想像つかないことが起こると動揺したりすることは多いです。時々ポンコツすぎてほんとびっくりする。けれど、よく言われるように「これからの人生でいちばん若いのは今日」。未来の自分に比べれば私はまだまだ子どもなので、それもまあ仕方ないと開き直っちゃえばいいやと思ったりしています。都合のいい時だけ子どもだもーん、というのがいかにも大人っぽいですね……。

知らない間に傷ついている

とても痛ましい事件や事故があったとき、悲しい気持ちになることがあります。それは当事者や当事者の周りの人に感情移入している場合もあるだろうし、何かこう、多くの人が感じる“喪失感”に、知らないうちに無意識にシンクロしてしまっているということもあるのだろうと思います。

 

いまはテレビやラジオだけでなく、ネットニュースやSNSであらゆる“声”が聞こえてきてしまう時代です。情報として目にしているだけだったとしても、誰かの悲しみを知り、怒りを知り、そういう声を浴びているうちに、気づかないところで自分まで傷ついてしまっている人も多いんじゃないかなという気がします。

 

身体と心はつながっているので、疲れた身体をほうっておくと気持ちもどんどんふさがってくるし、精神的にしんどくなってくると身体の調子もおかしくなってくる。だから少しでも沈みそうな気持ちに気づいたら、自分の好きなものに触れたり、それもできない場合にはいっそ目を閉じてそのまま寝ちゃうのもアリだと思います。

 

誰かのために何かをするには、何よりまず自分が、精神的にも肉体的にも健康であることがいちばん良いと思うので。

雨の歌

今週のお題「雨の日の楽しみ方」

私の住む関東地方も本日から梅雨入りとのことで、タイムリーなお題が来ました。

 

雨の日に出かけるのは、やっぱりそれほど好きではないです。靴や服は濡れるし、何より湿気が高すぎるのはあまり心地良くはないし。でもあえて雨の日で好きなことって無いかと考えてみたのですが、あるとすれば「音」かなと思いました。

 

私は会社勤めではないので、取材や打ち合わせがない日の多くは自宅で作業をしています。家にいるときは「ここからここまでが働く時間」と区切ることはなかなか難しいので、ここ最近は「明らかに仕事をしていない時間」以外はテレビをつけることがほぼなくなりました。比較的軽めの作業のときは音楽をかけることもありますが、音が無いほうが頭がよく働くタイプのようで、家にいる間は室内が無音の時間も長かったりします。

 

と言っても外を走る車の音や、道行く人の声は聞こえてきます。これが雨の日になると、窓の外を見なくても聞こえてくる音ががらっと変わるところが好きなのです(ようやくお題にたどり着いた……)。

 

走る車のタイヤが上げる水しぶき。

屋根に落ちる雨粒。

遠くからかすかに聞こえるどこかの学校のチャイム。

 

音というのは気温が高いほど速く、かつ気温の低い方へ伝わる性質があるそうです。よって、地表が暖かく上空との温度差のある晴れの日は音が上空へと逃げやすく、雨の日は地表が冷えて上空との温度差が小さくなり、音が遠くへ伝わりやすくなるのだそう。雨の日だけでなく、夜間や冬場に遠くの音が聞こえやすくなるのもこの現象らしいです。

 

タイトルは、私個人もめちゃくちゃ好きな曲、ブラームスのヴァイオリンソナタ第1番「雨の歌」から。「雨の歌」という通称は、自身による歌曲「雨の歌」と「余韻」の主題が使われているからだそうです。この曲にはほかにもロマンチックかつ感動的なエピソードが満載なので、機会があればまたちゃんと書きたいと思います。

 

雨の日は注意力や記憶力がアップするという調査結果もあるそうなので、せっかくだしいい感じに過ごせるといいなと思います。出かけないといけない日は……どこかのカエルちゃんが喜んでると思いこむ(結局それ🐸)

 

追記:動画の埋め込みが上手くいってないかも?

「雨の歌」は21:07~です。 

youtu.be

感情増幅アイテム

今週のお題「家で飲む」

 

はてなブログから出されている今週のブログテーマは「家で飲む」……。仕事まったく関係ない話になりそうなので需要あるのか?と思いますが、とりあえず書いてみます。

 

家でお酒はたまに飲みます。飲むのは主に「原稿おわたー!!\(^o^)/」というタイミングが多いです。解放感。仲の良い友人と宅飲みする時もそうなんですが、私が飲むのは何かのお祝いや楽しい話をするためのツールとしてがほとんどで、嫌なことがあって憂さ晴らしにとか、悲しいことがあって辛さを忘れる目的でお酒は飲まないようにしています。なぜかというと、お酒は「その時の感情を増幅させるアイテム」だと思っているからです。悩んでいる時に飲んでも解決案は浮かばないし、ストレス解消にも向いてない気がする。自分の場合だけかもですが……。

 

あと会社を辞めたこともありますが、今では大勢の人たちと騒ぎながら飲む、というのは何かの打ち上げとかパーリィ的な場くらいになりました。それはそれで楽しいんですが、どうせ飲むならもう少しちゃんとお酒を味わいたいなとか思うので、飲みはやっぱりごく少人数か一人が居心地いいし、結果そういう感じの飲み方が年々多くなってます。

 

 

余談ですが、何か嫌なことや悲しいこと、悩みごとがあるときは飲みではなくひたすら寝ることがわりと本気で一番いい方法だと思います。寝ている間に脳が整理されるし、睡眠は身体だけではなくて心の疲れにも効くので。

 

お酒は心も頭も身体も健康な状態がいちばん美味しい。原稿がすっきり片付いていればなお美味しい……。

アイドルについて考えてたらアリストテレスに行き着いた

 このブログ、今日(日付的には昨日)で開設して2年です。……というメールがはてなブログから届いて初めて気づきました。ここのところちょっと更新サボり気味ですが、もうちょいがんばろう。がんばります。

 

ということで今日は何を書こうかなと思ったら、はてなブログは毎週「今週のお題」と題してテーマを提供してくれていることを知りました。これも2年やってて初めて気づいた!!というわけで、今回はそのお題について書いてみたいと思います。

 

今週のお題「アイドルをつづる」

 

f:id:tamaoblog:20190528234225p:plain

 

これは私が個人的なファンであり、仕事でもずっと記事などを担当しているアプリ「あんさんぶるスターズ!」からのセリフです。このセリフ、それに触れたものの人生を「変える」などの大仰なことではなくて「ちょっとだけ喜ばしいものにしてくれる」と言ってるところがいい。何かを好きだと思う気持ちは、ポジティブなパワーに満ちているなあと。

 

アイドルだけでなく、もう少し広げてゲーム、ちょっとそれて漫画、小説、音楽、映画などのあらゆるエンタメは、受け取る側にとっては「それが無くても生きてはいけるもの」だと思います。でも、作り手側が自分の頭の中にある美しさや景色や音、感情を表現し形にしたものであれば、それは「芸術」と言ってもいいのかもしれません。それを受け手側が「娯楽」として楽しむのだけど、小さい子にもわかるような楽しさやワクワク感、それこそ人生や生活をちょっとだけ輝かせてくれるアイドルという存在は、もしかしなくても結構すごいのかなという気もします。難解な文章よりも、伝えたいことが誰にでもわかりやすい文章を書くほうが難しいように。

  

芸術とは人によって定義が様々なところもあるようですが、個人的には、芸術は時代を超えて残るものという要素もあるのかなと思っています。アイドルとは旬が短いイメージがありますが、そういう意味では、アイドルは「究極の娯楽」のシンボルのようにも思えます。けれど、それがその人の人生を変えるくらいの大きなものになったり、その人の中でずっと輝き続ける存在になったのであれば、それはただの娯楽ではないと言えるのでしょう。

 

 

なお今回のタイトルの意味は、この記事を書くにあたって「芸術と娯楽との違い」についていろいろ調べていたら、流れ流れてアリストテレスが説いた説得の3大要素(エトスとロゴスとパトス)に行き着いたという話でした。人を感動させる仕組みとは?みたいな話にも繋がってくるのですが、自分でもまだ消化しきれていないので詳細はまた今度……。

次回もまたお題がでたらチャレンジしてみようと思います☺

おれは、今夜、舟を出す

 ありがとう平成、おめでとうそしてよろしく令和。何だか本当に新年っぽさが半端ないですね。

 

 ところでいま私の親友が南の島に旅行に行っているんですが、道を歩いていたら、島の老人男性に声をかけられたらしいんです。で、言われたのがタイトルのセリフ。原文ママです。

 話としては、そのおじいさんの友人がちょうど島にやってくるところで、これから星空を見るため海に舟を出すのだと。それはとても美しいものなので、時間があるなら見たらいい、あんたも乗せてやると。

 

 友人は、冷静に考えて知らない人の舟にはさすがに乗れないな……ということで断ったらしいんですが、なかなか破壊力のあるセリフだなと思いました。なんだかやけにドラマチックに感じたので、こうして私のブログにメモされているというわけです。

 

 人生はよく映画や舞台や航海などに例えられますが、その場合、監督も主演も、舵取りもすべて自分自身と言えます。そして、共演者には誰を選ぶか、その舟には誰を乗せるかというのもまた、自分が決めることができます。島のおじいさん同様、乗ってほしくても相手のタイミングが合わなかったりすることもあるとは思いますが。

 

 どんな人たちと、どんな結末やゴールを目指して進んでいくのか。願わくは、その道行きが楽しいものでありますように。終盤に差し掛かったとき、いろいろあったけど幸せだったなと思えるようなものにしたいなと、この新しい時代の始まりに思ったりしました。

お仕事振り返り(2018年4月~2019年3月)

 間もなく元号が変わるタイミングということで、なんとなく大晦日っぽさを感じる今日。そんな私はフリーランスになって1年が経ちました。というわけで、この1年の仕事について振り返ってみたいと思います。

 

 2018年4月に独立し、この1年間で書いた記事は144本でした。単純計算で2.5日に1本ペースです。これを多いと見るか少ないと見るかは人によると思いますが、1本の記事に対してかかる時間はまちまちなこと(イベント系ならほとんどが翌日締め切り、考察系やコラムだと日数がかかる)を考えると、まあこんなものかなあ……と思います。

 

 以下、思い出深い取材や記事について。

 

ライブ系レポ

 主に「バンドやろうぜ!」のリアルライブレポをよく書きました。「バンやろ」はフリーになる前にも全国ツアーに同行させていただいて取材をしたりして、もう本当に関係者のみなさんにはお世話になりました……。実は「バンやろ」リリース直後に初めてOSIRISのライブを観たとき「これは絶対にもっとたくさんの人に知ってもらわねばならぬ!」と思い、取材させてくださいとメーカーさんに直談判したという経緯がありました。

 

 ゲーム発といえど、目指したのは音楽系媒体のようなレポートでした。とはいえ音楽に特化した記事は書いたことがなかったので、BARKSさんなどのライブレポートを読んで勉強させていただきました。結果、自分の書いたものはポエムった感じのレポも多かったですが、意外と好評だったので良かったです。

 

バンやろOSIRISラストギグ(2018年8月)

www.4gamer.net

  

 そしてこの一連のお仕事があったおかげで、「ヒプノシスマイク」を始めとしたライブ系レポをやらせていただくようになりました。感謝。最近は声優さんご自身が演奏をしたり、ガチめのライブをやられることが増えたので、こうした感じの取材は増えていくのだろうなという気がしています。

 

ヒプマイライブ3rd(2018年11月)

www.4gamer.net

 

舞台系いろいろ

 

 もはや一過性のブームではなく、ジャンルとして確立されたような気もする2.5次元舞台。これの取材もめちゃくちゃ増えました。「あんスタ!」「エースリー」「刀剣乱舞」「イケメンシリーズ」などなど……。なお、お仕事で舞台を拝見させていただいて、もう一回見たい!と思ったものは、あとから個人的にチケットを買って(チケ難舞台はライビュなどで)観に行くことが多いです。

 

 あと、舞台系だけでなくイベント系取材全般でそうなのですが、カメラマンを兼任することもかなりあります。舞台はほんと難しいんです……写真撮るの……。ライター業に撮影センスが必要になるということは、実際にこの仕事をするまで知りませんでした。オフィシャルフォトの提供があったり、カメラマンさんを同行される媒体ももちろん多いですが、私の場合、撮影OKの現場だと自分で撮ることがほとんどです。よって、囲み取材などはそりゃあもうめっっっちゃくちゃ緊張します。目線くださああああい!!

 

 舞台系レポはネタバレもできないし、かといって私がいま置かれている環境だと即出し公開も難しいことが多いので、開き直って自分にしか書けない切り口で書くことを心がけています。できているかどうかは別として……。

 

写真がわりと気に入っているレポ:エーステ秋冬(2019年2月)
www.4gamer.net

 

百花百狼(2018年12月)

www.4gamer.net

 

ちょっと変わった取材たち

 

 通常のイベントやライブだけでなく、ちょっと変わった感じの取材もたくさんありました。中でも印象深かったのは、まずは執事喫茶レポ(千銃士コラボ)。

 

www.4gamer.net

 

 これは編集部の方が「たまおに食レポをやらせてみよう」ということで振ってくれた取材だったのですが、味を文字にするのって難しいな!!と痛感しました。それはさておき、このとき初めてお伺いしたSwallowtailさんは本当に最高オブ最高だったので、個人的に再帰宅したいと思いつつまだ行けてません。今期こそは……。

 

 そして、「刀剣乱舞」にて「京のかたな」展をはじめとした京都ツアー。

 

www.4gamer.net

 

 これは本気で死ぬほどハードなスケジュールだったのですが、「京のかたな」展はあまりにも素晴らしかったので、後日また個人的に京都を訪れ堪能しました。

 

 そして変わった取材というか、この一年の中でベスト3に入る印象深い取材だったイケメン戦国×山梨県笛吹市コラボ。

 

www.4gamer.net

 

 取材自体はいい旅夢気分というか、非常にほのぼのと楽しかったのですが(体力はごっそり持っていかれましたが)、記事の後半にある川中島合戦の取材が異色過ぎました。取材陣も衣装をつける決まりがあったり、主催様から「川の向こう側に渡ったら、本番が始まったら戻って来られませんからね!!」と言われたり、大変貴重な体験をさせていただきました。これもカメラマンやりました。

 

f:id:tamaoblog:20190429130409j:plain

f:id:tamaoblog:20190429130432j:plain

 

 このへんとか我ながら女性向けタイトルの取材写真とは思えない。でも臨場感あって気に入ってます。

 

サービス終了タイトル

 

 残念ながらこの一年は、サービス終了が発表されたタイトルもいくつかありました。中でも先ほどあげていた「バンドやろうぜ!」や「Readyyy!」、「千銃士」関連の仕事は特に思い出深いです。以前のブログ記事(ソーシャルゲームの終了について思うこと - たまおのブログ)にも書きましたが、これらのタイトルも例外ではなく、演者さんたちや制作陣の愛情を感じていました。

 

 スマートフォン向けゲームが出だして数年、こうしたことは予期されていたことではあるものの、やはりとても残念です。ですが、どんなタイトルにも必ず終わりは来ます。だからこそ、受け手である自分たちも悔いのないようにありたいと思います。

 

 

 というわけでざっくりとピックアップでした。あと、この一年で印象的だった仕事といえば、「エースリー」公式サイトにて組別コラムを書かせていただいたこと。これだけ大きくメーカー公式に名前が出たのは初めてだったので気合いが入りました。とはいえ、書きたいことの全部が書けたかと言うとまだまだ実力不足だなと痛感。非常に勉強になったお仕事でした。ですが、書いていてとても楽しかったです。

 

 それから、私のTwitterアカウントでのフォロワーさんは「あんさんぶるスターズ!」ファンの方がかなり多いと思うのですが、「あんスタ!」もインタビューや考察記事など、この1年もいろいろやらせていただきました。考察記事はようやく念願のユニット語りの連載を始めることができましたが、思った以上にめちゃくちゃ時間がかかる難産なうです(まずストーリーを読み返すのに時間がめちゃくちゃかかる)。しかしこの、悩む時間や書く時間がやはりとても楽しい。余談ですが「あんスタ!」はサービス5年目、私もライター業5年目ということで実は同級生(?)だったりします。それもあって非常に思い入れの深い、大好きなタイトルです。「あんスタ!」が続く限り、私もまだまだ追いかけていきたいと思います。

 

ユニット語り記事第1回は、告知ツイートのRT+いいねを15000超いただきました。ありがとうございます!!

www.4gamer.net

 

ライター5年目、フリー2年目に思う

 

 以前書いたかどうかさだかではないのですが、私はゲーム業界に身をおいてからはそこそこ長く、これまでは主に宣伝周りの仕事をしてきました。で、いま現在がライターになって5年目です。まだまだひよっこです。そもそもなぜライターになったかと言うと、書くことが好きなのはもちろん、私は私の好きなものやいいなと思ったものを人に伝えることが何より好きだから。ひとつのコンテンツではなく、あれもこれもいろいろ伝えたいという欲張り思考が原点だったりします。

 

 インタビューをやったり現場の方とお話をしたり、イベントやライブを観ていると思うのは、この熱量や愛をどうやって伝えればいいのだろう、どうすればこの感動を言葉にできるのだろうということです。これについてはたぶんまだまだ試行錯誤すると思うし、挑戦もしていくだろうと思います。

 

 このキャリアでは無謀とも言えるフリーランスになったのも、ひとつの場所に縛られずにたくさんのことに挑戦したいという想いがきっかけでした。なので、フリーランスになってからは「毎年必ず、これまでにやったことがない仕事に挑戦する」ことを決めました。最初の一年はおかげさまで、新たな挑戦も多数させていただきました。二年目に入ったいまは、まだ公表できないものもありますが、面白い体験ができそうなお話もいただいていて、ますます頑張らねばというところです。

 

 仕事なのでつらいことや悔しいことはもちろん山ほどありますが、好きなことを仕事にできているというのはやっぱり幸せなことだなと思います。これは、本当に好きなものにたどり着けるまでに時間がかかってしまった自分がたどり着いたひとつの答えです。今年度もガツガツと、夢や目標に対してはますます貪欲に走り続けたいと思います。あとこのブログも、またマメな更新を頑張ります。

 

 とてもお世話になっている4Gamer編集部のみなさま、メーカーのみなさま、そのほか関わらせていただいているみなさまに尊敬と感謝を。令和になってもライター「たまお」を引き続きよろしくお願いいたします。

 

 2018年4月以降の仕事はこちら(Twitterでの告知まとめ)

twitter.com